なんとかなるさね

マイコンをネタにブログを始めてみました


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   blog-entry-   category: スポンサー広告

go page top

Arduino IDE|boards.txtでbb-rl78.build.core=GadgetRenesas:arduinoの記述を試す (2'') 

7つ前のエントリ以降(724, 725, 726, 727)、Arduino IDEのボード情報定義ファイルでサポートされている
以下の記法の最初のものを以前にRenesas Rulzに投稿されていた以下の派生スケッチ環境で試してみています。

Arduino IDE 1.5 3rd party Hardware specification - Arduino wiki
Referencing another core, variant or tool
https://github.com/arduino/Arduino/wiki/Arduino-IDE-1.5-3rd-party-Hardware-specification#user-content-referencing-another-core-variant-or-tool

myboard.build.core=VENDOR_ID:CORE_ID ← この記法を試しています
myboard.build.variant=VENDOR_ID:VARIANT_ID
myboard.upload.tool=VENDOR_ID:TOOL_ID
myboard.bootloader.tool=VENDOR_ID:TOOL_ID

ルネサスナイト5LT趣味的逆流自由研究 『一歳年上の姉が居りまして』 - Aoki Shinji (2014/10/14)
http://japan.renesasrulz.com/gr_user_forum_japanese/b/weblog/archive/2014/10/14/431.aspx

今回、先程のエントリの2つ目以前のエントリと同様にRenesas e2 studio v4.2.0.012にインストールした
Arduino Eclipse plugin V2.4を使ってビルドしようとして失敗した2つ前のエントリを再び試してみました。

2つ前のエントリでは、最初、Arduino IDEのボード情報定義ファイルの1つであるplatform.txtを、うっかり
IDE4GR 0.6.1の元々のものから、こちらのエントリのplatform.txtへ変更して試してしまっていたのですが、
今回、その内容を再び変更(というか実質的に元々のものに戻すよう変更)してみたところ、3つ前のエントリ
同様にビルド変数の定義は必要でしたが、ビルド出来ました。

ファイル: ide4gr-0.6.1\hardware\GadgetRenesas\rl78\platform.txt

2つ前のエントリで試してみた時の内容(該当部分):

# RL78 and platform.
# ------------------------------

# For more info:

name=RL78
version=0.1.0

# In case of Arduino IDE 1.6.5(?) or former(?), installation via Arduino Boards Manager needs to comment out followings.
runtime.tools.gcc-rl78.path={runtime.hardware.path}/tools/gcc-rl78
runtime.tools.rl78.path={runtime.hardware.path}/tools/rl78

# AVR compile variables
# ---------------------
途中省略
# Default "compiler.path" is correct, change only if you want to overidde the initial value
#compiler.path={runtime.ide.path}/hardware/tools/gcc-rl78/rl78-elf/bin/
#compiler.path={runtime.hardware.path}/tools/gcc-rl78/rl78-elf/bin/
compiler.path={runtime.tools.gcc-rl78.path}/rl78-elf/bin/
以下省略

今回の内容(該当部分): 赤字の箇所を変更(実質的に元々のものに戻った格好)

# RL78 and platform.
# ------------------------------

# For more info:

name=RL78
version=0.1.0

# For Arduino IDE internal hardware folder
runtime.tools.gcc-rl78.path={runtime.ide.path}/hardware/tools/gcc-rl78
runtime.tools.rl78.path={runtime.ide.path}/hardware/tools/rl78

# For external Sketch Book hardware folder

#runtime.tools.gcc-rl78.path={runtime.hardware.path}/tools/gcc-rl78
#runtime.tools.rl78.path={runtime.hardware.path}/tools/rl78

# For Board Packages via Arduino Boards Manager (including built-in Board Package)
# nothing to do


# AVR compile variables
# ---------------------
途中省略
# Default "compiler.path" is correct, change only if you want to overidde the initial value
#compiler.path={runtime.ide.path}/hardware/tools/gcc-rl78/rl78-elf/bin/
#compiler.path={runtime.hardware.path}/tools/gcc-rl78/rl78-elf/bin/
compiler.path={runtime.tools.gcc-rl78.path}/rl78-elf/bin/
以下省略

ビルドした時の画面コピーは以下の通りです。



関連記事

2016/02/01   blog-entry-731   category: Arduino Lib & CrossGCC

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。