なんとかなるさね

マイコンをネタにブログを始めてみました


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   blog-entry-   category: スポンサー広告

go page top

Arduino IDE|GadgetRenesas基板用IDE4GR 1.6.5(のようなもの)を作るには? (6) 

GadgetRenesas基板用IDE4GR 1.6.5/1.6.7(のようなもの)を作ってみることを考え始めたのですが、Arduino
IDE 1.6.5/1.6.7にはコンパイル時に不要なコンパイルをスキップする機能がある(コンパイル時の詳細表示を
有効にすると以下のメッセージが表示される)ものの、今まで試したIDE4GR 1.6.5/1.6.7(のようなもの)では
(コンパイル時の詳細表示を有効にしてもメッセージが表示されたことが無いので)機能していないようでした。

Using previously compiled file: ビルドフォルダ\ファイル名.o

そこで、1つ前のエントリのボード情報定義ファイルのplatform.txtを変更して、この機能を試してみました。

ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\GadgetRenesas_core_debug\rl78\platform.txt
変更内容: 赤字の箇所を追加(太字は変更部分)

# AVR compile variables
# ---------------------

compiler.warning_flags=-w
compiler.warning_flags.none=-w
compiler.warning_flags.default=
compiler.warning_flags.more=-Wall
compiler.warning_flags.all=-Wall -Wextra

compiler.optimize_flags=-Os
compiler.optimize_flags.release=-Os
compiler.optimize_flags.debug=-O0

# Default "compiler.path" is correct, change only if you want to overidde the initial value
#compiler.path={runtime.ide.path}/hardware/tools/gcc-rl78/rl78-elf/bin/
#compiler.path={runtime.hardware.path}/tools/gcc-rl78/rl78-elf/bin/
compiler.path={runtime.tools.gcc-rl78.path}/rl78-elf/bin/
compiler.c.cmd=rl78-elf-gcc
#compiler.c.flags=-Os {compiler.warning_flags} -fno-function-cse -funit-at-a-time -falign-jumps -fdata-sections -ffunction-sections -fno-cprop-registers -fsigned-char -g2 -g -DREL_GR_KURUMI -DARDUINO=100 -DWORKAROUND_READ_MODIFY_WRITE
#compiler.c.flags={compiler.optimize_flags} {compiler.warning_flags} -fno-function-cse -funit-at-a-time -falign-jumps -fdata-sections -ffunction-sections -fno-cprop-registers -fsigned-char -g2 -g -DREL_GR_KURUMI -DARDUINO=100 -DWORKAROUND_READ_MODIFY_WRITE
compiler.c.flags={compiler.optimize_flags} {compiler.warning_flags} -MMD -fno-function-cse -funit-at-a-time -falign-jumps -fdata-sections -ffunction-sections -fno-cprop-registers -fsigned-char -g2 -g -DREL_GR_KURUMI -DARDUINO=100 -DWORKAROUND_READ_MODIFY_WRITE
compiler.cpp.cmd={compiler.c.cmd}
compiler.cpp.flags={compiler.c.flags}
compiler.S.cmd=rl78-elf-as
#compiler.S.flags=-Os -fno-function-cse -funit-at-a-time -falign-jumps -fdata-sections -ffunction-sections -fno-cprop-registers -fsigned-char -g2 -g -Wa,-gdwarf2
compiler.S.flags={compiler.optimize_flags} -fno-function-cse -funit-at-a-time -falign-jumps -fdata-sections -ffunction-sections -fno-cprop-registers -fsigned-char -g2 -g -Wa,-gdwarf2
#compiler.elf2hex.flags=-O binary --gap-fill 0xff
compiler.elf2hex.flags=-O srec
compiler.elf2hex.cmd=rl78-elf-objcopy
compiler.c.elf.cmd=rl78-elf-ld
compiler.c.elf.flags=
compiler.ar.cmd=rl78-elf-ar
compiler.ar.flags=rcs
compiler.ldflags=
compiler.size.cmd=rl78-elf-size
# this can be overriden in boards.txt
build.extra_flags=
build.variant_core_lib="{build.variant.path}/core_v060.a"
build.variant_system_libs="{build.system.path}/proprietary/libs/picalicoFree.a" "{build.system.path}/proprietary/libs/pfdl.a"
# In case of Arduino IDE 1.6.7, {build.path}/{archive_file} is deprecated.
# Fortunately following archive_file_path is overriden by Arduino IDE 1.6.7.
archive_file_path={build.path}/{archive_file}

その結果、以下のように機能するようになりました。




また、このように変更したplatform.txtでもArduino Eclipse pluginでビルドすることが出来ました。(ただし、
毎度のことながら、ビルドする為にビルド変数の設定を行いました。設定内容は2つ前のエントリと同じ設定
内容を使いました。) ちなみに、ワーニングフラグはArduino Eclipse plugin側で独自の加工が施されています。



関連記事

2016/02/24   blog-entry-740   category: Arduino Lib & CrossGCC

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。