なんとかなるさね

マイコンをネタにブログを始めてみました


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   blog-entry-   category: スポンサー広告

go page top

Arduino IDE|GadgetRenesas基板用IDE4GR 1.6.5(のようなもの)を作るには? (7') 

GadgetRenesas基板用IDE4GR 1.6.5/1.6.7(のようなもの)を作ってみることを考え始めたのですが、Arduino
IDE 1.6.7ではplatform.local.txtファイルに加えてboards.local.txtファイルが使えるようになっていますので、
このファイルも作成して前のエントリと同じようなことを以下のフォルダ構成で試してみました。



ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\GadgetRenesas.local\rl78\boards.local.txt
内容:

kurumi.name=GR-KURUMI.local
kurumi.upload.tool=GadgetRenesas:rl78flash
kurumi.bootloader.tool=
kurumi.build.core=GadgetRenesas:arduino
kurumi.build.variant=GadgetRenesas:gr_kurumi

ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\GadgetRenesas.local\rl78\platform.local.txt
内容:

name=RL78.local
compiler.cpp.extra_flags=-std=gnu++11

ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\GadgetRenesas.local\rl78\boards.txt
内容: 今までIDE4GR 1.6.5/1.6.7(のようなもの)で試していたもの(IDE4GR 0.6.1のものと同じもの)

併せて、Arduino IDE 1.6.5/1.6.7のplatform.txtも前のエントリで試したplatform.txtに差し替えてあります。

ファイル: arduino-1.6.5-r5\hardware\GadgetRenesas\rl78\platform.txt
ファイル: arduino-1.6.7\hardware\GadgetRenesas\rl78\platform.txt
内容: 前のエントリで試したplatform.txtと同じもの

このようにすることでもビルドすることが出来ました。




追記 : メモ

今回試したboards.local.txtによってboards.txtを修飾する機能はArdino IDE 1.6.6から導入されたようです。

Arduino IDE 1.6.6がリリースされました - スイッチサイエンス社ブログ
http://mag.switch-science.com/2015/11/05/arduino-ide-1-6-6/

ARDUINO 1.6.6 - 2015.11.03
[IDE]
boards.local.txtが追加されました。platform.local.txtと似たようなファイルで、
boards.txtを変更せずに詳細な説明を追加できます。

ちなみに、ウェブで調べてみた感じでは、boards.local.txtやplatform.local.txtはプラットフォームフォルダ
(boards.txtやplatform.txtが置かれているフォルダ)に置くファイルのようでした。例えば以下のようにです。

arduino-1.6.5-r5\hardware\GadgetRenesas\rl78\platform.local.txt

arduino-1.6.7\hardware\GadgetRenesas\rl78\boards.local.txt
arduino-1.6.7\hardware\GadgetRenesas\rl78\platform.local.txt

追記 : メモ

Arduino IDE 1.6.5ではboards.local.txtが使えませんが、boards.txt自体を変更して以下のようにすることで
ビルドすることが出来ました。(なお、Arduino IDE 1.6.7でも同じようにしてビルドすることが出来ました。)



ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\GadgetRenesas.local\rl78\boards.txt
内容: 赤字の箇所を変更

kurumi.name=GR-KURUMI.local

kurumi.upload.tool=GadgetRenesas:rl78flash
kurumi.upload.protocol=rl78
kurumi.upload.maximum_size=256000
kurumi.upload.maximum_data_size=20000
kurumi.upload.speed=115200

kurumi.bootloader.tool=
kurumi.bootloader.low_fuses=
kurumi.bootloader.high_fuses=
kurumi.bootloader.extended_fuses=
kurumi.bootloader.unlock_bits=
kurumi.bootloader.lock_bits=
kurumi.bootloader.file=

kurumi.build.mcu=rl78
kurumi.build.f_cpu=32000000L
kurumi.build.board=RL78_KURUMI
kurumi.build.core=GadgetRenesas:arduino
kurumi.build.ldscript=linker_scripts/rl78_R5F100GJAFB.ld
kurumi.build.variant=GadgetRenesas:gr_kurumi

ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\GadgetRenesas.local\rl78\platform.local.txt
内容:

name=RL78.local
compiler.cpp.extra_flags=-std=gnu++11

このようにすることでもビルドすることが出来ました。




追記 : メモ

その後、以前のエントリで試したことを考え直していたところ、以下のようにboards.txtとplatform.txtだけ
でもビルドすることが出来ることに気付きました。(なお、Arduino IDE 1.6.5でもArduino IDE 1.6.7でも同じ
ようにしてビルドすることが出来ました。)



ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\GadgetRenesas.local\rl78\boards.txt
内容: 赤字の箇所を変更/追加

kurumi.name=GR-KURUMI.local

kurumi.upload.tool=GadgetRenesas:rl78flash
kurumi.upload.protocol=rl78
kurumi.upload.maximum_size=256000
kurumi.upload.maximum_data_size=20000
kurumi.upload.speed=115200

kurumi.bootloader.tool=
kurumi.bootloader.low_fuses=
kurumi.bootloader.high_fuses=
kurumi.bootloader.extended_fuses=
kurumi.bootloader.unlock_bits=
kurumi.bootloader.lock_bits=
kurumi.bootloader.file=

kurumi.build.mcu=rl78
kurumi.build.f_cpu=32000000L
kurumi.build.board=RL78_KURUMI
kurumi.build.core=GadgetRenesas:arduino
kurumi.build.ldscript=linker_scripts/rl78_R5F100GJAFB.ld
kurumi.build.variant=GadgetRenesas:gr_kurumi

kurumi.compiler.cpp.extra_flags=-std=gnu++11

ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\GadgetRenesas.local\rl78\platform.txt
内容:

name=RL78.local

このようにすることでもビルドすることが出来ました。




関連記事

2016/02/26   blog-entry-742   category: Arduino Lib & CrossGCC

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。