なんとかなるさね

マイコンをネタにブログを始めてみました


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   blog-entry-   category: スポンサー広告

go page top

Arduino IDE|GadgetRenesas基板用IDE4GR 1.6.5(のようなもの)を作るには? (11'') 

GadgetRenesas基板用IDE4GR 1.6.5/1.6.7(のようなもの)を作ってみることを考え始めたのですが、これまで
とは異なるフォルダへpfdl.aとpicalicoFree.a及びpfdl.hとpfdl_type.hとPicalicoFree.hを移すことを1つ前の
エントリ
で試しましたので、今回は3つ前のエントリで試していた『一歳年上の姉が居りまして』のフォルダ
構成からファイルを移す(というかArduino IDE側のファイルで代替(つまり除外)する)ことを試してみました。

3つ前のエントリのフォルダ構成に含まれていたファイル

スケッチブックフォルダ\hardware\blueboard-rl78\rl78\system\proprietary\libs\pfdl.a
スケッチブックフォルダ\hardware\blueboard-rl78\rl78\libraries\EEPROM\utility\pfdl.h
スケッチブックフォルダ\hardware\blueboard-rl78\rl78\libraries\EEPROM\utility\pfdl_types.h

今回のフォルダ構成ではArduino IDE側のファイルで代替(つまり除外)

Arduino IDE側のフォルダ: arduino-1.6.5-r5\hardware\tools\sys-rl78\rl78-g1x\proprietary\lib
Arduino IDE側のフォルダ: arduino-1.6.7\hardware\tools\sys-rl78\rl78-g1x\proprietary\lib
ファイル:

pfdl.a

Arduino IDE側のフォルダ: arduino-1.6.5-r5\hardware\tools\sys-rl78\rl78-g1x\proprietary\include
Arduino IDE側のフォルダ: arduino-1.6.7\hardware\tools\sys-rl78\rl78-g1x\proprietary\include
ファイル:

pfdl.h
pfdl_type.h



この変更に合わせる為に、3つ前のエントリのボード情報定義ファイルも変更しました。

ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\blueboard-rl78\rl78\boards.txt
変更内容: 赤色の箇所を変更

bb-rl78.name=BlueBoard-RL78
bb-rl78.upload.tool=rl78flash_bb
bb-rl78.upload.protocol=rl78
bb-rl78.upload.maximum_size=64000
bb-rl78.upload.maximum_data_size=4000
bb-rl78.upload.speed=115200
bb-rl78.bootloader.tool=
bb-rl78.bootloader.low_fuses=
bb-rl78.bootloader.high_fuses=
bb-rl78.bootloader.extended_fuses=
bb-rl78.bootloader.unlock_bits=
bb-rl78.bootloader.lock_bits=
bb-rl78.bootloader.file=
bb-rl78.build.mcu=rl78
bb-rl78.build.f_cpu=32000000L
bb-rl78.build.board=BlueBoard-RL78
bb-rl78.build.core=arduino
bb-rl78.build.ldscript=linker_scripts/rl78_R5F100LEAFA.ld
bb-rl78.build.variant=blueboard-rl78
bb-rl78.build.variant_core_lib=
bb-rl78.build.variant_system_libs="{runtime.tools.sys-rl78.path}/rl78-g1x/proprietary/lib/pfdl.a"

ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\blueboard-rl78\rl78\platform.txt
内容: 1つ前のエントリのものへ変更

ファイル: スケッチブックフォルダ\hardware\blueboard-rl78\rl78\platform.local.txt
内容: 3つ前のエントリのものと同じ

今回のやり方でも、Arduino IDE 1.6.5/1.6.7やArduino Eclipse plugin V2.4でもビルドすることが出来ました。





関連記事

2016/03/23   blog-entry-749   category: Arduino Lib & CrossGCC

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。