なんとかなるさね

マイコンをネタにブログを始めてみました


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   blog-entry-   category: スポンサー広告

go page top

マイコン開発ツール|幾つかのLSI会社のソフトウェアPF/SDKのライセンスを調べてみた 

幾つかのLSI会社のソフトウェアPF/SDKのライセンスを調べてみました。

NXP LPCOpen Software Development Platform
(ウェブサイトの構成が変更され今までと違うページへリダイレクトされるようになったようです。2016/05/19)

https://www.lpcware.com/lpcopen

LPCXpresso(統合開発環境)のライセンスページは見つかったもののLPCOpen Software Development Platform
自体のライセンスページが見つかりませんでした。

LPCXpresso EULA (End User License Agreement)
https://www.lpcware.com/lpcxpresso/eula

ただ、LPCOpen Software Development PlatformのソースコードはLPCXpressoと別にダウンロードすることが
出来て、ソースコード上に以下の記載がありました。(ダウンロード時にログインする必要はありませんでした。)

LPCOpen Software Development Platform - 各MCUシリーズ向けのダウンロードページへのリンク
https://www.lpcware.com/content/nxpfile/lpcopen-platform

例:

https://www.lpcware.com/content/nxpfile/lpcopen-software-development-platform-lpc11xx-packages-0
http://www.lpcware.com/system/files/lpcopen_v2_03_lpcxpresso_nxp_lpcxpresso_11u37h.zip
http://www.lpcware.com/system/files/lpcopen_v2_03_keil_iar_nxp_lpcxpresso_11u37h.zip

例:

lpcopen_v2_03_lpcxpresso_nxp_lpcxpresso_11u37h\lpc_chip_11uxx_lib\src\uart_11xx.c
lpcopen_v2_03_keil_iar_nxp_lpcxpresso_11u37h\software\lpc_core\lpc_chip\chip_11xx\uart_11xx.c

 * @note
 * Copyright(C) NXP Semiconductors, 2012
 * All rights reserved.
 *
 * @par
 * Software that is described herein is for illustrative purposes only
 * which provides customers with programming information regarding the
 * LPC products. This software is supplied "AS IS" without any warranties of
 * any kind, and NXP Semiconductors and its licensor disclaim any and
 * all warranties, express or implied, including all implied warranties of
 * merchantability, fitness for a particular purpose and non-infringement of
 * intellectual property rights. NXP Semiconductors assumes no responsibility
 * or liability for the use of the software, conveys no license or rights under any
 * patent, copyright, mask work right, or any other intellectual property rights in
 * or to any products. NXP Semiconductors reserves the right to make changes
 * in the software without notification. NXP Semiconductors also makes no
 * representation or warranty that such application will be suitable for the
 * specified use without further testing or modification.
 *
 * @par
 * Permission to use, copy, modify, and distribute this software and its
 * documentation is hereby granted, under NXP Semiconductors' and its
 * licensor's relevant copyrights in the software, without fee, provided that it
 * is used in conjunction with NXP Semiconductors microcontrollers. This
 * copyright, permission, and disclaimer notice must appear in all copies of
 * this code.

NXP Kinetis SDK (旧Freescale)

http://cache.nxp.com/files/microcontrollers/doc/fact_sheet/SDKKINETMCUFS.pdf?fpsp=1&WT_TYPE=Fact Sheets&WT_VENDOR=FREESCALE&WT_FILE_FORMAT=pdf&WT_ASSET=Documentation&fileExt=.pdf

ライセンスはpermissive open-source license for all hardware abstraction and peripheral driver softwareと
なっていましたが、mbedで使われているソースを見てみると3-clause BSDライセンスのようです。(ダウンロード
するのにアカウント作成が必要でしたので、ちょっと手抜きしました。)

http://www.nxp.com/products/software-and-tools/run-time-software/kinetis-software-and-tools/development-platforms-with-mbed/software-development-kit-for-kinetis-mcus:KINETIS-SDK

STMicroelectronics STM32Cube Embedded Software
(ウェブサイトの構成が変更されリンク切れが発生しているようです。2016/05/17)

http://www.st.com/resource/en/brochure/brstm32ode.pdf

ライセンスはmix of fully open source BSD license and ST licenses with very permissive termsとなっていま
したが、mbedで使われるような部分は3-clause BSDライセンスのようです。

例えば、STM32F7であれば以下からダウンロードすることが出来ました。(ダウンロード時にログインする必要は
ありませんでした。)
(ちょうどダウンロードの仕組みが変わって名前とe-mailアドレスの入力が必要になったよう
です。)

STM32Cube Embedded Software - 各MCUシリーズ向けのダウンロードページへのリンク
http://www.st.com/web/catalog/tools/FM147/CL1794/SC961/SS1743/LN1897

例:

http://www.st.com/web/catalog/tools/FM147/CL1794/SC961/SS1743/LN1897/PF261909

この中には、素朴な3-clause BSDライセンスの他に、2つ条項が追加されたライセンスも使われていました。
以下のウェブページが無くなっていて、それらしきものを探し直したところ見付かりはしたのですが(ST Liberty
Software License Agreement V2)、ウェブページのものとは文面が違っていましたので、微妙に別物なのかも
知れません、、、 (上記のソースコードがリリースされた後にライセンス体系が変わったもののソースコード上の
表記がそのまま放置されてしまっていたということだったのかも?)

MCD-ST Liberty SW License Agreement V2
http://www.st.com/software_license_agreement_liberty_v2
Mix Liberty + OSS + 3rd- party V1 - SOFTWARE LICENSE AGREEMENT    Version 2.1
(この中にST Liberty Software License Agreement V2が含まれていました)
http://www.st.com/resource/en/license_agreement/dm00218346.pdf

ちなみに、無くなってしまったウェブページで私が見掛けた文面ですが、たまたま以下で議論されていたものとは
違っていたような気がします、、、 (もっとも、幾つも幾つもライセンスを見ていましたので、私が混乱している
だけかも知れませんが、、、)

MCD-ST Liberty SW License Agreement - Debian Mailing Lists
https://lists.debian.org/debian-legal/2015/04/msg00018.html

Texas Instruments BSD Licensed Driver Library

MSP430とMSP432で3-clause BSDライセンスのライブラリがリリースされていました。(ダウンロード時にログ
インする必要はありませんでした。)

http://software-dl.ti.com/msp430/msp430_public_sw/mcu/msp430/MSP430_Driver_Library/latest/index_FDS.html
http://software-dl.ti.com/msp430/msp430_public_sw/mcu/msp430/MSP430_Driver_Library/latest/exports/msp430_driverlib_2_60_00_02.zip

http://software-dl.ti.com/msp430/msp430_public_sw/mcu/msp430/MSP432_Driver_Library/latest/index_FDS.html
http://software-dl.ti.com/msp430/msp430_public_sw/mcu/msp430/MSP432_Driver_Library/latest/exports/MSP432_DriverLib_3_10_00_09.zip

Infineon XMC(TM) Lib

http://www.infineon.com/cms/en/product/microcontroller/32-bit-industrial-microcontroller-based-on-arm-registered-cortex-registered-m/dave-version-4-free-development-platform-for-code-generation/channel.html?channel=5546d46145f1f3a401461977f5d71b76

例えば、以下をダウンロードしてみたところ、どうも3-clause BSDライセンスになっているようでした。(ダウン
ロード時にログインする必要はありませんでした。) ただ、Eclipseベースの統合開発環境を使ってインストール
するもののようでしたので、フォルダ構成はかなり深いフォルダが幾つも幾つもあるような構成になっていました。

http://dave.infineon.com/Libraries/XMCLib/XMC_Peripheral_Library_v2.1.6.zip

ATMEL Software Framework (現Microchip)

http://www.atmel.com/asf
http://asf.atmel.com/docs/latest

以下のページを見ると、ライセンスは3-clause BSDライセンスに1つ条項が追加されたライセンスのようでした。
(ダウンロードするのにアカウント作成が必要でしたので、ちょっと手抜きしました。) (勘違いしていましたが、
アカウント作成は必須ではないものの、ゲストとしての名前とe-mailアドレスと会社名と国名の入力は必要のよう
です。)

http://asf.atmel.com/docs/latest/mega/html/_license.html
http://asf.atmel.com/docs/latest/tiny/html/_license.html
http://asf.atmel.com/docs/latest/sam3x/html/_license.html

Microchip MPLAB(R) Harmony Integrated Software Framework

http://www.microchip.com/mplab/mplab-harmony/

例えば、Downloadsタブに切り替え、以下をダウンロードしてインストールしてみたところ、ソースコード上に
以下の記載がありました。(ダウンロード時にログインする必要はありませんでした。) (ちなみに、only when
embedded onという文面ですが、ライセンス事項はROMに書かれたバイナリに限定されているかも知れません。)

http://ww1.microchip.com/downloads/en/DeviceDoc/harmony_v1_07_01_windows_installer.exe

例:

ファイル: harmony\v1_07_01\framework\peripheral\usart\plib_usart.h

Copyright 2010-2015 released Microchip Technology Inc. All rights reserved.

Microchip licenses to you the right to use, modify, copy and distribute
Software only when embedded on a Microchip microcontroller or digital signal
controller that is integrated into your product or third party product
(pursuant to the sublicense terms in the accompanying license agreement).

You should refer to the license agreement accompanying this Software for
additional information regarding your rights and obligations.

SOFTWARE AND DOCUMENTATION ARE PROVIDED "AS IS" WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND,
EITHER EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING WITHOUT LIMITATION, ANY WARRANTY OF
MERCHANTABILITY, TITLE, NON-INFRINGEMENT AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
IN NO EVENT SHALL MICROCHIP OR ITS LICENSORS BE LIABLE OR OBLIGATED UNDER
CONTRACT, NEGLIGENCE, STRICT LIABILITY, CONTRIBUTION, BREACH OF WARRANTY, OR
OTHER LEGAL EQUITABLE THEORY ANY DIRECT OR INDIRECT DAMAGES OR EXPENSES
INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY INCIDENTAL, SPECIAL, INDIRECT, PUNITIVE OR
CONSEQUENTIAL DAMAGES, LOST PROFITS OR LOST DATA, COST OF PROCUREMENT OF
SUBSTITUTE GOODS, TECHNOLOGY, SERVICES, OR ANY CLAIMS BY THIRD PARTIES
(INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY DEFENSE THEREOF), OR OTHER SIMILAR COSTS.

追記 : メモ

Renesas

END USER LICENSE AGREEMENT
http://www.renesas.com/disclaimers/disclaimer20.htm

ソースコード上は以下のURLで記載されていますが、URLにアクセスすると上のURLのページが表示されます。

ソースに記載されたURL
http://www.renesas.com/disclaimer

追記 : メモ

BSDライセンス - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/BSDライセンス

追記 : メモ

最近読ませて頂いたブログに書かれていたことなのですが、ソフトウェアPF/SDKの良し悪しを考える視点として
気付かされたこととして、以下の言葉がとても印象に残りました。(ライセンスの話とは無関係ですが。)

DSP空挺団 - 酔漢
http://bfin.sakura.ne.jp/?p=578

「よくある、レジスタを完全に理解しないと使えないAPI」

関連記事

2016/05/12   blog-entry-761   category: mbed Lib & CrossGCC

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。