なんとかなるさね

マイコンをネタにブログを始めてみました


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   blog-entry-   category: スポンサー広告

go page top

RL78マイコン基板(RL78/G13)|20ピン版と30ピン版のブレッドボードとの相性は? 

2つ前のエントリで秋月電子さんの64ピンのピッチ変換基板が存在するおかげでRL78/G13の48ピン版と比べると
RL78/G13の64ピン版の方がブレッドボードとの相性が良いことに気付いたのですが、いつものようにちょっと
パラノイア的ですが、20ピン版と30ピン版についても調べてみました。ROM/RAMサイズに関しては、IDE4GRで
EEPROMライブラリのサンプルプログラムをコンパイルするとRAM使用量が2Kバイトを超えてしまいコンパイル
出来なくなるということがありましたので、以下のものについて調べてみました。価格はマルツさんの価格です。

20pin SSOP(0.65) ROM/RAM/EEPROM=64K/4K/4K  R5F1006EASP \320 www.marutsu.co.jp/pc/i/211624/
30pin SSOP(0.65) ROM/RAM/EEPROM=64K/4K/4K  R5F100AEASP \340 www.marutsu.co.jp/pc/i/211633/
30pin SSOP(0.65) ROM/RAM/EEPROM=128K/12K/8K R5F100AGASP \420 www.marutsu.co.jp/pc/i/211634/

それに対してピッチ変換基板は、適合するピッチ変換基板が秋月電子さんに今まで無かったのですが、20ピンに
関しては、適合するピッチ変換基板(600MIL)が秋月電子さんからちょうど販売開始されたところのようです。

HTSSOP20ピン(0.65mm)・HSOP20ピン(1.27mm) DIP変換基板 \70 akizukidenshi.com/catalog/g/gP-10441/

RL78/G13 20ピンに関しては、以前、Rulzの常連の人が(仮称)HIMEKURUMI基板(300MIL)ということで色々と
考察/製作されていらっしゃいましたので、その情報を活用させて頂くことが出来そうです。実は、リニューアル
後(リニューアル中?)のルネサスウェブサイトでマイコンを検索したところ、設計支援情報にそのスレッドが表示
されたのを見て、気付きました(というか思い出しました)。(ただ、スレッドを後半まで読み進めると、20ピンは
ちょっと今ひとつかもしれないという話になって来て、別のピン数/パッケージを検討する話になって行きます。)

ユーザフォーラムのスレッドもマイコンの設計支援情報として検索される
https://www.renesas.com/ja-jp/search/keyword-search.html#q=R5F1006EASP

検索されたスレッド : クルミの研究
http://japan.renesasrulz.com/gr_user_forum_japanese/f/110/p/2494/11030.aspx#11030

他方、30ピンのピッチ変換基板に関しては、ピッチは適合するもののピンが多い以下のaitendoさんの変換基板が
近いものとしてありますが、横幅が5列×2のブレッドボードで1列しか残らないぐらい広いものですので、結局、
ジャンパワイヤーで他の場所に一旦飛ばすことになり、そうなると、64ピンの場合と使い勝手はそう変わらない
ことになるような気がします。また、長さ方向に関しても、64ピンの場合とほぼ同じ(むしろ4ピン長い)ですので、
ブレッドボード上の占有領域が小さくなるということも無さそうです。それに対して、価格はやや高目です。

ピッチ変換(0.65/32P) [P-SSOP06532P] \150 www.aitendo.com/product/11981

追記 : メモ

以下は秋月電子さんの価格です。

64pin LQFP(0.5) ROM/RAM/EEPROM=64K/4K/4K  R5F100LEAFB \290 akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06146/
64pin LQFP(0.5) ROM/RAM/EEPROM=128K/12K/8K R5F100LGAFB \340 akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06162/
64pin LQFP(0.5) ROM/RAM/EEPROM=256K/20K/8K R5F100LJAFB \400 akizukidenshi.com/catalog/g/gI-06179/

0.5mmピッチQFP(64ピン)変換基板 \80 akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07365/

RL78マイコン R5F100LGAFB搭載変換モジュール 128K/12K/8K \420 akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08844/

追記 : メモ

ICピッチ変換基板 - 秋月電子
http://akizukidenshi.com/catalog/c/cboard6/

基板 - aitendo
http://www.aitendo.com/product-list/449

ちなみに、ピンソケットあるいはピンヘッダの価格や、もの自体が安いので、送料、手数料なども効いてきます。

追記 : メモ

スレッドを読み返していて気付いたのですが、AVRマイコンにはソフトウェアだけで実装されたUSBデバイスの
ファームウェアであるV-USBというものがあるのですね。

関連記事

2016/05/31   blog-entry-770   category: RL78 /* 16bit,8bit CISC */

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。