なんとかなるさね

マイコンをネタにブログを始めてみました


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   blog-entry-   category: スポンサー広告

go page top

RL78マイコン(RL78/G10)|CS+ for CCにrl78g10flashを外部ツールとして登録 

以前のエントリでCS+(旧CubeSuite+) for CA,CXにRFP(Renesas Flash Programmer)を外部ツールとして
登録したことがあるのですが、今回はRL78/G10 10pin DIP基板にダイオード1本と抵抗1本(とFT232RL)の
自作回路でフラッシュ書き込みする時に使わせて頂くrl78g10flashというGitHubで公開されているオープン
ソースソフトウェアを外部ツールとして登録してみました。(なお、フォルダ名やプロジェクト名に含まれる
'&'文字が外部ツール登録機能と相性が悪い(コマンドプロンプトのコマンドセパレータと解釈されてしまう)
ようでしたので、フォルダ名やプロジェクト名に含まれる'&'文字をWindowsエクスプローラで'+'文字に変更
してあります。)








メニューの設定は以下の通りです。



メニュー名:  マイコンボードに書き込む
コマンドパス:  C:\Windows\System32\cmd.exe
起動オプション: 
 
/c "%MicomToolPath%\..\..\Programming Tools\rl78flash-0.5.2-win32\rl78g10flash"
-arv COM14 "%ProjectName%.mot" 2K
起動フォルダ:  %OutputDir%
出力パネルを使用する → チェックマークを付ける


メニュー名:  シリアルモニタを開く
コマンドパス:  C:\Windows\System32\cmd.exe
起動オプション: 
 
/c start "rl78g10flash terminal" "%MicomToolPath%\..\..\Programming Tools\
rl78flash-0.5.2-win32\rl78g10flash" -rvt 2000000 COM14
起動フォルダ:  %OutputDir%
出力パネルを使用する → チェックマークを付ける


メニュー名:  シリアルモニタを開いてマイコンボードに書き込む
コマンドパス:  C:\Windows\System32\cmd.exe
起動オプション: 
 
/c start "rl78g10flash terminal" "%MicomToolPath%\..\..\Programming Tools\
rl78flash-0.5.2-win32\rl78g10flash" -arvt 2000000 COM14 "%ProjectName%.mot" 2K
起動フォルダ:  %OutputDir%
出力パネルを使用する → チェックマークを付ける


また、ツールバーにボタンを表示させることも出来ます。





なお、rl78g10flash terminalのウィンドウですが、普通のコンソールアプリケーションのウィンドウですので、
文字色/背景色やウィンドウの位置/サイズや画面バッファのサイズなどを変更することが出来ます。





追記 : メモ

ちなみに、以前のエントリのputcharのCC-RL版は以下の通りです。(もっとも、まだ変わるかもしれませんが。)

; This code is in the public domain. You may use, modify or distribute it freely.

PUBLIC  _putchar
_putchar:               ;A = data, X = ignored, void putchar( unsigned char )
    MOV1    CY, KRM0.0  ; 1 clk     3 byte      for kbhit(), get KR0 detection enable flag
    PUSH    PSW         ; 2 clk     2 byte
    DI                  ; 4 clk     3 byte
    CLR1    KRM0.0      ; 2 clk     3 byte      for kbhit(), disable KR0 detection flag
    SET1    PM4.0       ; 2 clk     3 byte      always I do for robustness, P40 = TOOL0/KR0
    CLR1    P4.0        ; 2 clk     3 byte      same as above
_putchar_b:             ;begin
    MOV     X, A
    ONEB    A           ; 1 clk     1 byte      as a stop bit,   shorter than "MOV A, #01H"
    ADDW    AX, AX      ; 2 clk     1 byte      for a start bit, shorter than "SHLW AX, 1"
_putchar_l:             ;loop (start bit = 0, b0, b1, b2, b3, b4, b5, b6, b7, stop bit = 1)
    SHRW    AX, 1       ; 2 clk     2 byte
    MOV1    PM4.0, CY   ; 2 clk     3 byte
    CMPW    AX, #0x0000 ; 2 clk     3 byte
    BNZ     $_putchar_l ; 2/4 clk   2 byte
_putchar_e:             ;end
    POP     PSW         ; 4 clk     2 byte
    MOV1    KRM0.0, CY  ; 2 clk     3 byte      for kbhit(), restore KR0 detection enable flag
    RET                 ; 7 clk     1 byte

関連記事

2016/07/27   blog-entry-795   category: RL78 /* 16bit,8bit CISC */

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。