なんとかなるさね

マイコンをネタにブログを始めてみました


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   blog-entry-   category: スポンサー広告

go page top

RL78マイコン基板(RL78/G13)|CP2102+KurumiWriterで秋月のRL78搭載変換モジュールに書き込み 

FTDI社のUSBシリアル変換チップFT232RLの代わりにSILICON LABS社のUSBシリアル変換チップCP2102を
使って、以前のエントリと同様にブレッドボード上に組んだ抵抗1本のフラッシュ書き込み回路で秋月電子さん
販売のRL78/G13 64pin R5F100LGAFB搭載変換モジュールにKurumiWriterでフラッシュ書き込みしてみました。
すると、FT232RLと異なり、CP2101ではKurumiWriterとの組み合わせでも不安定さは全くありませんでした。
(以前のエントリに書いた通りKurumiWriterにはソフトウェア上の問題があるような気がしていますが、それが
(幸いにも?)表面化せずに済んでしまうような何かがCP2102とそのWindowsドライバにあるような気がします。)
なお、FT232RLの内蔵EEPROMを書き換える為のRun after COM openにチェックがあるとエラーが発生します。

115,200bpsも500,000bpsも安定してフラッシュ書き込み出来る



115,200bpsも500,000bpsもRun after COM openにチェックがあるとエラーが発生する



関連記事

2016/09/21   blog-entry-817   category: RL78 /* 16bit,8bit CISC */

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。